毛深い女性の原因と対策方法を、元美容看護師が大公開!

毛深い 女性 対策

 

女性にとって、毛深いというのは深刻な悩みの一つだと思います。
異性からの印象というのも、正直良い物では無いからです。
女性を美化しがちな男性からすると、毛深いというのはマイナス要素だからです。

 

問題は、どうやって対策をするかです。
検索すると分かるのですが、お肌に良くない方法も多く出回っています。
それをやるなら、別の方法を選んだほうが良いのに...と思う物も少なくありません。

 

そこでこの記事では、元美容看護師の私が毛深い女性向けに原因と対策方法をご紹介しています。
これからお手入れを始める方は、是非ご活用ください。

意外と知らない、毛深い女性の原因について

 

具体的な対策方法の前に、原因についてご紹介していきます。
原因を知ることで、どういう風に対策をするのが良いのか判断できるからです。
冒頭にも書いたように、微妙な方法も多く出回っています。
惑わされない様にするためにも、原因を知ることは大事です。

 

主に言われていることは、3つあります。
順番に挙げていきますと、、、

 

  1. 遺伝
  2. ホルモンバランス
  3. 生活習慣

以上の3つです。
どれかに該当している可能性が高いと思って良いと思います。

 

私が推奨する、毛深い女性にピッタリな対策方法について

 

原因をお伝えしたところで、本題に入ります。
では、具体的に何をするべきなのでしょうか。

 

ズバリ、私が友人にも推奨しているのは脱毛サロンです。
これが、毛深い女性には一番良い対策だと思います。

 

理由としては、ムダ毛を根本的に減らしていけるからです。
続けていくことで、毛が無くなります。
ですから、毛深いという悩みを解消することが出来ます。

 

  • 脱色クリーム
  • 除毛クリーム
  • シェーバー、カミソリ

といった方法もあります。
ですが、それはムダ毛自体を無くせる訳じゃないです。

 

脱色は生えている毛にアプローチするだけです。
新しく伸びてきた毛は脱色されていないので、時間が経てばまた毛深い印象を持たれることになります。
除毛クリームも同じで、結局また生えてきます。

 

シェーバー、カミソリも同様ですね。
シェーバーはまだしも、カミソリの場合は肌への負担が大きいです。
最悪の場合、別のお肌のトラブルを引き起こす可能性もあります。

 

ですが、医療脱毛は違います。
最終的に毛がなくなりますから、毛深いという悩み自体を解消できるのです。

 

  • 金額のコストがそれなりに掛かる
  • 継続してサロンに通う必要がある

というのが、欠点です。
ただ、毛深い対策としては一番良い方法です。

 

気を付けてほしいのが、サロン脱毛は選ばないことです。
フラッシュ脱毛、安い脱毛サロンの施術はNGです。
医療脱毛、永久脱毛を選ぶほうが良いです。

 

【参考情報】毛深い子供のお手入れは要注意!

 

毛深い女性の対策には、脱毛サロン(医療脱毛)がベストです。
費用の問題はありますが、絶対に選んだほうが良いと思います。
少なくとも、カミソリでの自己処理はやめた方が良いです。

 

また、子供の場合にも対策方法は異なります。
脱毛サロンというのは、ファーストチョイスにはならないです。

 

というのも、子供の場合には脱毛サロンでの対策は時期尚早だからです。
高校生位になってから、選ぶべき選択肢です。
お肌への負担が大きいので、脱毛サロン自体も子供NGが多いです。

 

具体的に何をするべきなのかは、下記の別サイトでご紹介しています。

 

子供が毛深い!原因と自宅で出来る対策方法を大公開!

 

子供に負担が少ない、一番良いと思える対策をご紹介してあります。
金額的にも負担が少ないですから、参考になると思います。

ページの先頭へ戻る